F.I.C

ファンド・証券投資事業Fund

金融投資への基本概念


当社が考える金融投資へ基本的な概念とは、投資対象としては多様なタイプの投資資産があり、異なったリスクやリターンのプロファイルがありますが、金融資本を経済・経営活動を通じ、且つ、経済合理性に沿ってリスクのある投資対象に投下することを意味します。経営主体が、自己資本に加えて、追加的な他人資本を調達することにより、より大きな投資機会に投資が可能となり、さらにレバレッジ効果を高め、投資案件からの最大収益機会を得ることを目指します。


金融投資へのポリシー


当社が考える投資案件選定へのポリシーは、証券・ファンドと言った金融資産を主な投資対象としており、投資対象の産業・事業などの構造的な収益力の中長期のトレンドが作るキャピタルゲインやインカムゲインといった収益機会、また、ファンダメンタルが基づく本源的価値に対する投資判断による長期のリターンを追及していくことです。さらに、その投資案件が社会的に認知され、将来価値の増加を満たすものに投資を致します。俗に、ギャンブルと呼ばれる売買主体のリターンの合計が必ず0かマイナスになる対象への行為、またはマネーゲームと言われる先物取引に代表される投機的性格が強い投資とは全く異なったものです。